スポンサーリンク

モンスターハンターダブルクロス(MHXX)の様々な情報を一覧表などをお伝えしていきます!

記事一覧

【MHXX】 ネコの弱いの来い!の本当の効果

食事スキル『ネコの弱いの来い!』の謎

ネコの弱いの来い!

ネコの弱いの来い!

効果:クエストに出現する大型モンスターが弱くなりやすい。

「弱くなりやすい」とはいったいどういうことなのだろうか…



ネコの弱いの来い!の本当の効果

モンスターには同じクエストでも強さ補正(体力/攻撃力の増減)というものがあり、クエストを受けるたびに

↑ 強い
強さ補正+2
強さ補正+1
強さ補正±0
強さ補正-1
強さ補正-2

↓ 弱い

の中からランダムで補正が決まるそうです
ネコの弱いの来い!』を発動させておくと…

強さ補正+2(出なくなる)
強さ補正+1(出なくなる)
強さ補正+0
強さ補正-1
強さ補正-2


の3段階から選ばれるようになる

ただし条件があり、

・2頭同時や連続狩猟、高難度クエスト
・超大型モンスター(アカムトルムなど)

といった上記のクエストでは効果がない

メインターゲットが単体クエストだけに効果を発揮する

また、単体クエストでも

・一部イベントクエスト(強化個体がこの傾向に多い)

強化個体クエストは強さ補正が1つしか存在しない(固定されている)ため『ネコの弱いの来い!』効果がないとされている

(例外もあり、過去シリーズでは強化個体や超大型モンスターでも強さ補正が変動するクエストもあるため、そういう場合は効果を発揮する)

『電撃・ランディープ』(ラギアクルス亜種)
『JUMP・獄界の門番』(ジンオウガ亜種)
『USJ・ガノトトス3D』(ガノトトス)
『黒曜石は砕けない』(ブラキディオス)

上記のクエストはMH3G屈指の難易度を誇る超強化個体クエストでありながら、ステータスが変動するため、『ネコの弱いの来い!』の効果を受ける

また、同じくMH3Gの超強化個体クエスト『活火激発』には超大型モンスターの狩猟が登場するが、こちらも、『ネコの弱いの来い!』の効果を受ける(例外中の例外)




【超特殊許可】クエストではどうなのか検証してみた

検証したクエスト:【超特殊許可】 紅兜狩猟依頼

紅兜アオアシラ(非怒り時)のジャンピングヒップアタックをハンターが体力150の状態で1回当たり、喰らったダメージの位置で体力ゲージに付箋を貼った

クエストリタイアし、もう一度同じクエストを受けてジャンピングヒップアタックを喰らい、同じダメージを受けるか検証

これを10回繰り返した

攻撃を受ける前にハンターの防御力が同じか確認
食事スキルの影響を受けないよう、秘薬で体力は150にした
クエストリタイアで補正が変わらない可能性を考慮して、他のクエストをクリアした

結果:ダメージは同じだった(ステータス変動はなかった)

今度は同じ条件で、『ネコの弱いの来い!』を発動させて行ってみた
(防御力が上がらないよう考慮した)

結果:ダメージは同じだった(ステータス変動はなかった)

結論:【超特殊許可】 はステータス変動なしで、『ネコの弱いの来い!』は効果がない

ステータスの変動がないので、TA向きではある

スポンサーリンク


シリーズの違い?どちらかの間違い?

MH4Gの場合


モンハン部(MH4G)
「クエストに参加しているハンターなら誰が発動しても効果があるぞ!」



MHXの場合


『モンスターハンタークロス 公式ガイドブック』のP225には

「強さが平均値以下の個体が出現して、狩りやすくなるためだ。」
「協力プレイ時は、クエスト受注者が“ネコの弱いの来い!”を発動させた場合のみ、効果が発生する。」


MHXXの場合


『モンスターハンターダブルクロス 公式ガイドブック』のP283には

「強さが平均値以下の個体が出現して、狩りやすくなる。」
「マルチプレイ時は、クエスト参加者の誰かひとりが“ネコの弱いの来い!”を発動させた場合のみ、効果が発生する。」


とある。




ちなみに強さ補正モンスターのサイズ関連性はない
なので『ネコの弱いの来い!』を発動させたからといって、最小金冠が出る確率が高くなるといったことはない







管理人

関連記事


スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MHXX switch Ver.予約開始

プロフィール

Ryogaku-CX

Author:Ryogaku-CX
見に来てくださりありがとうございます
m(__)m
MH4では炭鉱夫→スナイパ―に転職
MH4G勲章コンプしました!
現在はベルナ村でのんびり狩人生活中


Twitterにて更新情報をお知らせしています

サイト内PVランキング

フリーエリア

人気商品

このページのトップへ
RSSリーダーで購読する